カテゴリ

第二の仕事人生

取材地域

検索結果:51[ 1 - 10 / 51 ] [1]  < 前の10件  1  2  3  4  5   次の10件 >  [6]

国家公務員(事務)経験談

「公務員からの転職はオワコン?」公務員プラス(前名称、役人廃業.com)の初代管理人様からの寄稿文

カテゴリ

国家公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職 / 退職・その他情報

取材エリア

関東

お名前

山本直治 様

経歴

国家公務員採用Ⅰ種試験に合格し文部省に採用後内閣官房副長官補室を経て退職。
退職後は、人材紹介会社に転職し、人材紹介コンサルタントとして活躍。
著書に「公務員、辞めたらどうする?」「人材コンサルタントに騙されるな!」(以上、PHP新書)「実は悲惨な公務員」(光文社新書)。
特別寄稿として、公務員プラス(前名称、役人廃業.com)の初代管理人、山本直治さんからいただきました寄稿文「公務員からの転職はオワコン?」です。


―公務員からの転職はオワンコ?

少し前、某新聞のエッセイ欄で、「“○○”って、もはやオワコン、いやそもそもオワコンって言葉自体がもはやオワコンかな」というような記事を読んだ。
御存知の方も多いかと思うが、オワコンとは、「終わったコンテンツ」、すなわちブームや話題のピークを過ぎ、下り坂にある、またはすでに廃れたコンテンツのことだ。…

地方公務員(事務)経験談

辞めたい思いをずっと引きずっているなら、思い切って辞めるのも一つの手。語学を活かして公務員から転職。

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職 / 公務員からの独立・起業

取材エリア

関東

お名前

大原知美 様(仮名)

経歴

2007年4月大学卒業後、草加市役所に奉職
2012年1月辞職
2012年2月~5月㈱女将塾入社 韓国にてビジネスホテル立ち上げプロジェクトに参加。
※女将塾はおもてなしのプロとして女将を育てている会社であり、本プロジェクトには日本のおもてなしの海外進出をビジネスホテルで行おうとしている会社と協賛したものです。
※会社都合(プロジェクト解散)により退職
2012年5月~8月無気力&やりたいことを求めて、短期派遣やアルバイトをする
2012年8月~11月テンプル大学ジャパンキャンパス(派遣・期間限定)
2012年11月~2013年6月慶應義塾大学理工学部学生課国際担当(派遣)
2013年8月~韓国に遊学予定(1ヶ月)

関連サイト

http://datsukoumu.exblog.jp/
草加市役所を退職後、韓国での事業プロジェクトの参加、大学事務の仕事など幅広く活動されている大原さんのインタビューです。大原さんのパワフルさを感じられる内容となっております。


―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 こちらこそよろしくお願いします。
市役所では2つの部署を経験しました。大学院を出たばかりで、新卒は福祉に回されるという噂?通り、介護保険課に配属になりました。(※ちなみに、…

地方公務員(事務)経験談

地方公務員から税理士へ。より自分が望む形での成長を求めて。

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職

取材エリア

関東

お名前

大場智 様

経歴

平成14年 東京都庁に入庁
平成24年10月31日 退職
平成24年11月1日 税理士法人へ転職
都庁在職中に税理士資格を取得された後、税理士法人に転職された大場さんのインタビューです


―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 本日はどうぞよろしくお願いいたします。
私の経歴ですが大学を卒業後、

平成14~15年度 固定資産税(償却資産)の課税・調査
平成16年~17年度 事務処理システムの開発・運用、電子申告システム(eLTAX)の導入
平成18~21年度 法人事業税(外形標…

地方公務員(事務)経験談

仕事への漠然とした脱力感から都庁を退職し農業家へ転身。悔いのない人生を!

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職 / 公務員からの独立・起業

取材エリア

関東

お名前

佐野智博 様

経歴

平成10年4月 東京都入都
平成22年3月 東京都退職
平成22年4月 日本農業実践学園入学
平成22年9月 日本農業実践学園中退
平成23年1月 株式会社農健入社し現在に至る

関連サイト

http://noken-iwata.jp
公務員を退職後、全く未経験の農業家に転身された佐野さんのインタビューです。農業未経験だけど農業に挑戦してみたい!と考えている方に特にお読みいただきたい内容です。



―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 こちらこそよろしくお願いします。
 私は大学を卒業後、事務職種で都庁に採用され、人事、会計、広報、労務、議会対応、企画調整などの業務に携わりました。

様々な職場を経験でき、人間…

地方公務員(事務)経験談

前向きな気持ちを忘れないように。市役所を鬱病で退職し、失ったものと得たもの。

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職

取材エリア

関東

お名前

野田京子 様(仮名)

経歴

平成8年4月  関東地方の中規模市に奉職
平成24年6月  退職
平成24年7月  不動産会社のポスティングを行う
平成24年10月 派遣で民間病院の医療事務の補助として再就職
お体の体調悪化のため市役所の仕事を辞められました野田さんのインタビューです。同じ病気に悩む方に向けて情報を発信したい、というお申し出を受け今回協力をいただきました。ぜひお読みください。



―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 こちらこそよろしくお願いします。公務員時代の業務内容について時系列にご紹介します。

(平成8年5月から平成13年4月まで)
保健所の母子保健担当に配属…

地方公務員(事務)経験談

離婚問題から市役所を退職するも無事に転職を決定。退職には「覚悟」が何よりも必要です

カテゴリ

地方公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職

取材エリア

関東

お名前

本山光一 様(仮名)

経歴

1997年 川崎市役所に入庁
→2012年 退職
→2012年 民間企業へ転職
離婚問題の関係から市役所を退職され、民間企業へ転職された本山さんのインタビューです。同じような状況の方へのアドバイスになれば、ということで今回ご協力を申し出ていただきました。



―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 奉職後、環境局施設部一般廃棄物処理センター管理係へ配属辞令を受けました。

 在職中は処理センター勤し、廃棄物処理のプロとしての教育を徹底的に受けました。
 数年前…

教職関係 経験談

教師から社労士へ転向!人任せではなく自分で自分の人生を決めたい。

カテゴリ

教職関係経験談

第二の人生

公務員からの転職 / 公務員からの独立・起業

取材エリア

関西

お名前

山中敏子 様

経歴

1984年(昭和59年)4月、大阪府立の高等学校に国語講師として呼ばれる。以後、延べ20校ほどで勤務。
1999年(平成11年)社会保険労務士試験合格
2000年(平成12年)16年間の教師生活にピリオドを打つ
同年、社会保険労務士事務所に勤務
04年、自宅にて社会保険労務士開業登録
現在、大阪府高槻市にて社労士事務所オフィスヤマナカ代表

関連サイト

http://www.yannaka.com/
高校教師を退職後、社労士として活動中の山中さんのインタビューです。社労士として活躍するためにはどのようなスキルが必要か、公務員時代の経験が活かせることができるかなどをお話いただきました。



―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 大阪の府立高校で産休や育休の先生の代わり、また欠員補充や非常勤などの講師として国語を教えていました。同じ学校にいるのは、短い時は4ヶ月ほど、長くても2年…

地方公務員(技術)経験談

公務員→民間企業→公務員の転職。地域貢献を再び行えることこそが何よりの喜び。

カテゴリ

地方公務員(技術・専門)経験談

第二の人生

公務員からの転職

取材エリア

中国・四国

お名前

藤田容代 様

経歴

平成14年 東京都庁入庁(林業職)
平成20年 東京都庁退職、民間企業入社。農林水産業・地域振興(自然産業)コンサルティング業務を実施。
平成23年 民間企業退職。島根県庁入庁(研究職)。中山間地域研究センターにて、地域振興分野の普及・研究に従事。
東京都庁から民間企業を経て、島根県庁に転職された藤田さんのインタビューです。民間企業時代と役所のお話など語っていただきました。



―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 東京都庁では林業職採用でした。最初は水道局に配属になり、東京都の所有林の調査・計画を、4年目からは治山工事を担当しました。

 もともと都庁に入った動機は、山村の暮らしの支援をしたかったから。最初の配属先は、一般…

その他公務員 経験談

公務員の職歴は職歴とみなされない。だからこそ視点の転換が必要。警察事務職からの転職。

カテゴリ

警察・消防・自衛隊経験談

第二の人生

公務員からの転職

取材エリア

地域関係なし

お名前

前田隆 様(仮名)

経歴

2012年4月 某県警察(警察事務職)に入庁(奉職)
→ 2012年8月 退職
→ その後約2か月間、就職活動をして、コールセンターにて勤務
某県警の警察事務職を退職後、コールセンタースタッフとして転職された前田さんのインタビューです。



―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。私はとある県警の警察署で警察事務職として働いていました。

 警察事務の任命権者は本部長ですが、採用試験自体は県警の採用枠というわけではありません。A日程の県庁の採用試験の職種に、県庁勤務を希望するなら…

国家公務員(事務)経験談

現職・新天地で“出来ること・出来ないこと”。中央官庁からコンサルティング会社への転職。

カテゴリ

国家公務員(事務)経験談

第二の人生

公務員からの転職

取材エリア

関東

お名前

野田道隆 様(仮名)

経歴

03年 文部科学省に入省(奉職)
→ 05年5月 退職
→ 05年6月より日系シンクタンクで日系企業向けコンサルティング業務に従事
国家1種試験合格後、文部科学省に勤務され、退職後シンクタンクに転職されました野田さんのインタビューです。実際のシンクタンクの仕事内容なども語っていただきました。


―本日はインタビューに協力いただきありがとうございます。では、公務員時代のお仕事内容から聞かせていただけますでしょうか。

 大学を卒業後、文部科学省に入省しました。入省後の配属先は文部科学省の外局である文化庁文化部芸術文化課で、主に現代芸術の振興に関わる各種業務に携わっていました。
一番想い出深い出来事は…

[1]  < 前の10件  1  2  3  4  5   次の10件 >  [6]